傾いたJPEG画像を水平にするPhotoshopを利用した簡単な方法

この漫画ブログの製作には、「Adobe Photoshop」や「Adobe Illustrator」のソフトを活用しており、 JPEG画像は頻繁に活用しています。

この漫画ブログの画像が出来るまで

最初に用紙に手で書きスクリーントーンを貼ってから、スキャナーで用紙をスキャンします。

そのスキャンしたJPEG画像をパソコンのIllustratorのソフトを利用して、吹き出し内の文字を入力してから、データの書き出しでJPEG画像で保存します。

その後Photoshopで加工して出来上がったJPEG画像をブログでアップしています。

漫画ソフトという便利なソフトも検討中のようですよ。

Photoshopで画像を水平にする方法

画像をスキャンした時に、たまに用紙が傾いた状態で保存されている事があります。

そんな時は、Adobe Photoshopというソフトを利用して水平に加工しています。

スポイトツールの中に「ものさしツール」という機能があるので、こちらをクリックします。

①水平にしたい端の部分に+型のカーソルをもっていって、左クリックします。

②左クリックのボタンを押したまま逆サイドの端にカーソルを移動させます。

③端にカーソルを移動させたら押し続けていた左クリックを解除します。

次に、「イメージ」→「カンバスの回転」→「角度入力」をクリックします。

「カンバスの回転」には、かってに角度が入力された状態で表示されます。

さきほど「ものさしツール」で計測した時に判明した値が表示されているので、そのまま「OK」をクリックします。

すると画像が回転して傾きがなくなり、水平状態にすることができます。

フォトショップにある便利な機能のひとつですね。

画像の色を調整

スキャンした画像はたまに多少グレーがかったようなデータになっている時があります。

バックが白のブログだと色が目立つので、こちらもAdobe Photoshopというソフトで加工しています。

「イメージ」→「色調補正」→「明るさ・コントラスト」をクリックします。

「明るさ」と「コントラスト」をスライドバーを移動するか、数字を入力して色を調整します。

□プレビューにチェックを入れておくと、画面を見ながら調整できます。

この画像の場合は、明るさ「+5」、コントラスト「+25」にすると白くなってスキャンした境界線が目立たなくなりました。

このような感じで漫画ブログがアップされていますよ。